【注意】Amazonから怪しいSMSが届いた話「サインイン試行。リンクをタップして対応してください。」

レビューまとめ
スポンサーリンク

【注意】Amazonから怪しいSMSが届いた話「サインイン試行。リンクをタップして対応してください。」

スポンサーリンク

Amazonから届いたSMS、これって本物?

先日、「Spotifyにロシアから不正ログインされた」ことについて記事を書きましたが、

今度は「Amazon」で海外から不正ログインされそうになりました。

最初はフィッシング詐欺のメッセージかと思ったのですが、色々と調べてみたところ、

Amazon公式からの「不正ログインを警告」してくれるメッセージでした

 

今回はそのことについてまとめておきます。

Amazon(?)から届いた『不正ログイン』を警告するメッセージ

先日、スマホのSMSに突然、知らない電話番号からメッセージが届きました。

「Amazon: RAB, MAのサインイン試行。リンクをタップして対応してください。」

はぁ〜ん…これはもう見た瞬間に直感しました。詐欺だな。

私のスマホには「佐川急便のフリをした詐欺メッセージ」がよく届くので、このメッセージを見た時もすぐに疑いの目が向きました。

こういった有名な企業の名前が載ったメールが届いたら、まず偽物だと疑うようにしましょう。

モロッコからログインされそうになってる!

記載されているURLを見てみると、先頭に「amazon.co.jp」というアドレスが含まれているので、どうやらAmazonの公式ページである可能性は高そうですね…

しかし、最近の詐欺メッセージはURLも偽装できるらしいので、まだ安心はできません。

騙されるのが怖いし、こういう怪しいメッセージは無視すればいいや…と思いましたが、

先日の「Spotifyに海外から不正ログインされそうになった」ことが脳裏をよぎりました。

全然使ってないSpotifyならともかく、Amazonが乗っ取られるのは本当に嫌だな…

…一応見ておこう。メールアドレスとパスワードの入力を求められたら引き返せばいいしね(危ない)

というわけで、怪しいメッセージに記載されているURLをタップしてアクセスしてみました。すると…

このような画面が表示されました。どうやら本当に不正ログインを警告するためのメッセージみたいですね。

記載されている内容をよく読んでみると、そこにはなんと「Rabat,Morocco」と書かれているじゃないですか!なんでモロッコからログインしてるのよ。

以前、Spotifyから不正ログインを知らせるメールが届いた時も「国:ロシア」と書かれていました。それと同じパターンですね。

これはもう不正ログインを警告するAmazon公式メッセージで間違い無いでしょう。

画面の下部には「承認」「否認」というボタンが用意されています。

ここで「否認」を押さないと、そのまま海外から不正ログインされてしまうってことですよね…

しかし!まだこれがAmazonの公式メッセージだと確定したわけではありません。

この「否認」ボタンを押したら、

「不正防止のためにパスワードを変更しましょう。現在のメールアドレスとパスワードを入力してください。」

と言われるかもしれません。

メールアドレスとパスワードを求められたらすぐに引き返す!そのことを念頭に置きながら「否認」ボタンを押してみました。すると…

「リクエスト通りサインイン試行を終了しました。」と表示されました。意外とあっさり…

結局、詐欺メッセージにありがちな「メールアドレスとパスワードの入力」は求められませんでした。

どうやら、これは本物の「不正ログインを知らせるためのAmazon公式メッセージ」/b>だったようです。

『090-7009-1448』から届くSMSは“Amazon公式のもの”

しかし、まだまだ油断はできません。ここで気を抜くと騙されてしまいますからね。

最近のフィッシング詐欺は発信元を偽装することもできる、なんて話を聞いたことあります。

もしかすると、このSMSもアドレスが偽装されてるかもしれません。

特に怪しいのは、この発信元である電話番号です。

090から始まる普通の電話番号だけど、本当にAmazonのものなのかぁ〜?

というわけで、この番号を「電話番号の口コミサイト」で検索してみました。すると…

めちゃめちゃ検索されてる。多くの人がこの番号からメッセージを受信しているようですね。

ということは、この番号に対する口コミを見れば、本物か偽物か判別できる!と思ったのですが…

口コミを見てみると「本物のAmazonでした」と言ってる人もいれば、「詐欺だった!」と言っている人もいて、よくわかりませんでした。

何のための口コミサイトなのよ…

 

このままでは埒が明かないので、カスタマーセンターに直接問い合わせてみました。公式に聞けば間違いないでしょう。

そのときのやり取りがこちらです。

はい、こちらAmazonカスタマーサービスです。

先日、SMSで090-7009-1448という番号からサインイン試行というメッセージが来たんですけど、これってAmazon公式のものですか?

お手数ですが、メッセージの受信時間を教えていただけますか?

3月15日の16時8分です。

こちらで確認したところ、その時間にAmazonからメッセージを送信しております。

では、090-7009-1448っていう番号から送られてくるSMSはAmazon公式のものですか?

はい、その通りです。

…というわけで、090-7009-1448から送られてくるSMSはAmazon公式のものでした。

詐欺メッセージじゃなかったんですね。安心しました。この電話番号から送られてくるメッセージが、

「Amazon公式の不正ログインを知らせるメッセージ」だと、やっと確信することができました。

今回は本物だったけど「メールアドレスとパスワード」を求めてくるニセモノには要注意

今回届いたSMSはAmazonからの公式メッセージだとわかりました。ひと安心ですね。

しかし、世の中にはAmazonになりすました、巧妙な詐欺メッセージが数多く存在します。

それらのメッセージの主な特徴は、

  • 「ポリシー違反が検出されました」
  • 「アカウントが一時停止されました」
  • 「プライム会費のお支払い方法に問題があります」

など、詐欺メッセージは未納料金の請求や登録情報の変更を求めてきます。

そして、これらのメッセージに書かれているURLにアクセスすると、Amazon公式サイトそっくりに作られた偽のホームページに繋がり、メールアドレスとパスワードの入力を求めてきます。

そして、これを本物のAmazonだと勘違いしてメールアドレスとパスワードを入力してしまうと、

その2つを使ってあなたのAmazonアカウントを乗っ取り、好き放題に使われてしまいます。

SMSに知らない電話番号からメッセージが届いたときは、メールアドレスやパスワードを求められても、絶対に入力しないようにしましょう。

 

以下に怪しいメッセージを見分ける際、参考になるサイトを載せておきます。

様々な情報やツールを駆使して、詐欺メッセージに騙されないように日頃から注意しておきましょう。

Amazon公式のフィッシング詐欺対策ページ

Amazon公式サイトの詐欺メッセージに関するページです
怪しいメールやなりすましを見分ける方法が載ってます。

トレンドマイクロのウェブサイトチェッカー

パソコンのセキュリティで有名なトレンドマイクロが作ったウェブサイトチェッカーです。
URLを入力すると、そのサイトが安全かどうかを自動的に判定してくれます。

電気通信大学 情報基盤センター

迷惑メール・詐欺メッセージの具体的な例が画像付きで数多く掲載されています。
このサイトに載っているものと同じようなメッセージが届いたときは注意するようにしましょう。

 

Amazonを日頃からよく使う人には『Amazonプライム』に入会しておくのがおすすめです。

Amazonプライム会員になると、

    • 数多くの映画やドラマ・アニメが見放題の『プライムビデオ』
    • 200万曲が聴き放題の『プライムミュージック』
    • 写真を“容量無制限”で保存できるAmazon Photos』

などなど、数多くのプライム会員特典が使い放題になります。

注文した翌日に商品が届く「お急ぎ便」も使い放題ですよ。

また、Amazonで年に一度開催される最大のセール『Amazonプライムデー』に参加できるのは「プライム会員」だけ!

参加者を限定するほど特別なセールってことですね。

30日間の無料体験期間があるので、必要ないと思ったらすぐに解約すればOKです。

この機会にぜひ、お得で便利なプライム会員を試してみてください。

Amazonプライムの無料体験はこちらからどうぞ

この記事に関するコメント