【対策】iPhoneで原神をプレイすると熱い!発熱を抑えて60fpsで快適に遊ぶ方法は?

【対策】iPhoneで原神をプレイすると熱い!発熱を抑えて60fpsで快適に遊ぶ方法は? レビューまとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneの原神を60fpsで快適にプレイする方法は?

冷却ファンを取り付けたiPhone

  • iPhoneで原神を遊んでいると発熱がすごい!これって大丈夫なの?
  • 原神を遊んでいるとiPhone本体が熱くなる・画面が暗くなるのはなぜ?
  • 原神を「60fps」で快適に遊ぶ方法が知りたい!

これらの疑問はこの記事を読めばすべて解決します。

原神といえば綺麗なグラフィックとなめらかな動作が特徴のスマホゲーム。

最新のiPhoneなら原神を最高画質・60fps(フレームレート60)で遊ぶことも可能ですが、本体が発熱してかなり熱くなります。

iPhoneの原神を60fpsで遊んでると発熱がすごい!

発熱を抑えて快適にプレイする方法はあるのでしょうか?

スマホ本体の発熱を抑えて、iPhoneで原神を快適にプレイするにはどうすればいいのか?

この記事ではiPhoneで原神を「快適」に遊ぶ方法について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

先に結論を言うと、iPhoneで原神を快適にプレイするにはスマホ用の冷却ファンが必須です。

原神の主な発熱対策は「冷却ファンを使う」または「30fpsに設定する」のどちらかになります。

原神は60fpsに設定すると必ず発熱します。正直、グラフィックの設定は発熱とあまり関係ありません。

iPhone13 miniでも原神は重い!発熱して画面が暗くなる

原神をプレイ中のiPhone

リサさんすき

スマホで本格的な3Dオープンワールドゲームが遊べる「原神」

私はスマホゲームにはあまり興味がなかったのですが、原神は面白くてめちゃくちゃハマっています。

とは言ってもメインストーリーを追うのが目的なので、深境螺旋とかには手を付けていません。

世界ランクも6で止めています。デイリーの敵が強くなりすぎると困るからね。(ビビリ)

iPhone13 mini

そんな原神を私は主に「iPhone13 mini」でプレイしているのですが、ひとつだけ気になる点があります。

それは「60fpsでプレイすると本体が発熱してめちゃくちゃ熱くなる」ことです。

30fps(フレームレート30)なら問題ないのですが、60fpsにするとiPhone本体がすぐにアチアチになり、画面も暗くなります。

じゃあ30fpsで遊べばいいのでは?

でもやっぱり60fpsで遊びたいよぉ〜

私は学生の頃FPS(CoDやバトルフィールド)にハマっていました。なのでフレームレートにはかなり敏感(?)です。

30fpsのゲームをプレイすると「動作がカクカクだなぁ…」と感じます。原神もできれば60fpsで遊びたいですね。

 

ちなみに、私は「ミニサイズのスマホ」が好きなのですが、iPhone13 miniはスマホの最高傑作だと思っています。

↓「iPhone14 miniに関する噂」とiPhone13 miniを実際に使った感想をまとめた記事はこちら

最新のiPhoneでも原神を60fpsで動かすのは厳しい

iPhone13

まず最初に重要なことを言います。

最新のiPhoneでも原神を60fpsで快適に遊ぶのはムリです。

60fpsでも一応遊ぶことはできますが、iPhone本体の発熱がすごいのでオススメしません。

その理由は、iPhoneに使用されているリチウムイオンバッテリーは「熱に弱い」という特徴があるからです。

バッテリーが急速に劣化する可能性が高くなるため、iPhoneを高温の状態で使用するのはできるだけ避けましょう。

なお、30fps(フレームレート30)に設定すればiPhone本体の発熱をかなり抑えることが可能です。

発熱を気にすることなく、iPhoneで手軽に原神を遊べるおすすめ設定です。

ただし、当然ですが30fpsに設定するとキャラクターの動作が60fpsよりもカクカクに見えます。

まぁ正直、30fpsでも慣れれば普通に遊べますが「快適」に遊べるかどうかは微妙ですね。

60fpsはめちゃくちゃ負荷が重いようですね。

でも30fpsは動作がカクカクだなぁ…

つまり、iPhoneで原神を快適に遊ぶには、

  • 60fps:ヌルヌル動くけど発熱がすごいので冷却ファンが必要
  • 30fps:iPhoneの発熱を抑えられるけど動作がカクカク

のどちらか一方を選択するしかありません。

原神の60fpsでも発熱しないスマホは(ほぼ)存在しない

iPhone13のスペック

iPhone13といえば最新の「A15チップ」が搭載されています。

「動画撮影」や「写真の編集」など、処理が重いとされるアプリでも快適に動かすことが可能です。

A15チップなら大抵のアプリがサクサク動くよね。

普段使いで困ることはまず無いでしょう。

しかし、原神はスマホゲームの中でもトップレベルに動作が重くて負荷が大きいゲーム。

「A15チップ」を搭載しているiPhoneでも、原神の高負荷による発熱を抑えるのは難しいようです。

残念ながら、原神を60fpsで遊んでも発熱しないスマホはほぼ存在しません。

やっぱりスマホで3Dゲームは厳しいのか…

一応「ゲーミングスマホ」も発売されているみたいですね。

そもそも、ゲーム機やゲーミングPCのCPUには冷却ファンが付いてるのが普通ですからね。

処理が重くて負荷の大きい3Dゲームを遊ぶ場合は、スマホにも冷却ファンが必要になるでしょう。

 「iPhone13なら原神も快適」はウソ!冷却ファンが必須

YouTubeを観ながらティータイム

少し話は逸れますが、私はYouTubeの「スマホレビュー動画」を観るのが好きです。

スマホの機種ごとの特徴や性能の違いを眺めていると結構楽しいんですよね。

スマホレビュー動画では「カメラ性能」や「AnTuTuベンチマーク」などを比較するのが定番になっています。

iPhone13

iPhoneのレビュー動画もよく見るのですが、ゲーム性能の確認として原神をプレイしている動画がかなり多いです。

で、そんなiPhone13のレビュー動画でよくあるセリフといえば、

「原神もなめらかに動作しますね!」

「原神も60fpsで快適に遊べますよ!」

嘘つけ

無理です!ムリ!30fpsなら遊べるけど60fpsは無理!発熱がすげぇもん。

そりゃあiPhone13で原神を「普通に」遊ぶことはできますが「快適に」遊べるかどうかは疑問です。

60fpsだとiPhoneの発熱がすごいです。しかし、30fpsだと動作がカクカクですからね…

iPhoneの原神を60fpsで快適に遊ぶには、本体を冷やすための冷却ファンが必須になるでしょう。

「60fpsでも発熱しない」のが一番快適だと思います。

それはiPhone13 Pro Maxでも難しいよね…

そもそも、YouTubeのスマホレビュー動画は原神を本当に長時間遊んで検証しているわけではありません。

最初の草原(星落としの湖)を軽くウロウロするだけで終わりです。それだけでスマホのゲーム性能を評価していいのか?おぉん?

また、スマホ本体の発熱についてまったく触れない人もいます。スマホでゲームするなら発熱は重要だろ…

なので、YouTubeのスマホレビュー動画で「原神も快適に遊べます!」とか言ってても絶対に信用してはいけません。

【対策】原神を快適に遊ぶ方法まとめ

ガジェット

  • スマホ用の冷却ファンを使う
  • フレームレートを30fpsに設定して軽くする
  • PS5またはゲーミングPCで遊ぶ

iPhoneで原神を快適に遊びたいなら、取るべき選択肢は、

  • 60fpsで発熱するiPhone本体を冷却ファンで冷やしながら遊ぶ
  • 30fpsにフレームレートを落として発熱を抑えながら遊ぶ

のどちらかを選択するしかありません。そのため原神を快適に遊ぶ方法をまとめると、

  • 冷却ファンでiPhoneを冷やしながら60fpsで遊ぶ
  • フレームレートを30fpsに落としてiPhoneの発熱を抑える
  • iPhoneで遊ぶのは諦めてPS5やゲーミングPCを購入する

のいずれかを選択することになります。

スマホ用の冷却ファンを使う

冷却ファンをつけたiPhone

iPhoneで原神を60fpsで遊びたい場合、冷却ファンが必須になります。

iPhoneを冷却ファンで冷やしながら遊べば、原神を60fpsでも快適にプレイ可能です。

実際に私もiPhoneで原神をプレイするときは冷却ファンで冷やしながら遊んでいます。

でも、こんなに小さいファンで本当に冷えるの?

見た目よりも冷却性能は高く、意外と冷えますよ。

冷却ファンをつけたiPhoneで原神をプレイ

スマホ用の冷却ファンは見た目が小さいので、本当にiPhoneの発熱を逃してくれるのか不安になりますよね?

しかし、冷却ファンは小さなサイズでも意外と冷却性能が高く、アツアツのiPhoneをしっかりと冷やしてくれます。

ゲーム機やパソコンの発熱対策も冷却ファンを使った「空冷式」が一般的ですからね。

小さな冷却ファンでも意外と冷える!

空冷式の力はすごいですね。

おすすめのiPhone用冷却ファンについてはこちらで詳しく紹介しています。

フレームレートを30fpsに設定して軽くする

原神の設定画面

冷却ファンを使用できない場合は原神のフレームレートを下げて発熱を抑えるしかありません。

原神の動作を軽くするには「グラフィックの設定」よりも「フレームレート」が重要です。

フレームレートを30fpsに設定すれば、iPhoneの発熱を「ほんのり温かい程度」に抑えることができます。

実際に私も「冷却ファンなし」で原神をプレイするときはフレームレートを30fpsに落としています。

でも30fpsだと動作がカクカクだなぁ…

発熱はかなり抑えられるので、我慢しましょう。

30fpsは60fpsに比べて動作がカクカクしているように見えますが、しばらく遊んでいれば慣れます。

  • 「スマホ用の冷却ファンなんか持ってない!」
  • 「iPhoneに冷却ファンを取り付けながら原神を遊ぶなんてイヤ!」

という人は30fpsで妥協しましょう。慣れれば割と普通に遊べますよ。

原神の設定画面のデバイス負荷

たとえ「スムーズ」でも発熱がすごい!

ちなみに、設定をイジると「現在のデバイス負荷」が「スムーズ」「高い」などに変化しますよね?

これ、全然あてにならないので無視してください。

デバイス負荷が「スムーズ」だろうが「高い」だろうが、60fpsに設定するとiPhone本体は絶対に発熱します。

残念ながら、30fpsに設定しないかぎり発熱を抑えることはできません。

実際、iPhone13 miniで原神を遊ぶと60fpsに設定してもデバイス負荷は「スムーズ」のままです。

しかし、5分ほどプレイするだけで本体がめちゃくちゃ発熱します。壊れないか心配になるくらい熱い!

たしかに動作は「スムーズ」だけど発熱がすごい…

原神はどれだけ画質を低くしても、60fpsだと発熱します。

何度も言いますが、iPhoneで原神を遊ぶ場合、60fpsに設定すると絶対に発熱します。

オラッッ!『原神を最高画質に設定してもスムーズのままですね!』とか言ってるガジェット系YouTuberたち!発熱についても触れろ!発熱をスルーするな!原神は発熱がすげぇんだよ!!!!!

PS5またはゲーミングPCを購入する

PS5

原神を最高の環境で遊びたいなぁ…

そうなるともうiPhoneでは無理ですね。

「原神をテレビの大画面で遊びたい!」

「原神をもっと高画質に!もっと快適な環境で遊びたい!」

という場合、iPhoneで遊ぶのは諦めてPS5かゲーミングPCを購入するしかないですね。

(ちなみにPS4版の原神は30fps固定・ロードがめちゃくちゃ遅いので論外です)

おすすめは断然「PS5」です。原神を4K・60fpsで遊べる環境が簡単に実現します。

しかも「デジタルエディション」なら43,978円(税込)で購入可能です。

ゲーミングPCといえば10万円以上するのが普通ですから、PS5はかなりお買い得ですよね。

また、miHoYoアカウントを連携すればPS5版とiPhone版でデータを共有できます。

原神を最高の環境で遊びたい人は、ぜひPS5の購入も検討してみてください。

でもPS5が品薄で売ってないんだけど…

それは…頑張って購入してください。

おすすめの冷却ファンは「アームで固定するタイプ」

アームで固定するタイプの冷却ファン

冷却ファンっていろいろあるけど、どれを使えばいいの?

アームとバネで固定するタイプがおすすめです。

iPhoneで原神をプレイするなら「アームで固定するタイプ」の冷却ファンがおすすめです。

バネの力でアームを固定する仕組みなので、iPhoneへの取り付け・取り外しがワンタッチで簡単にできます。

冷却ファンをつけたiPhone

取り付け後もアームがしっかりと固定されるので、冷却ファンの位置がズレる心配もありません。

コンパクトサイズですが冷却性能は十分にあるので、iPhoneでも原神を60fpsで快適にプレイできます。

冷却ファンの電源端子

ちなみに電源はUSB-A端子です。スマホ用冷却ファンの電源はほとんどコレだと思います。

モバイルバッテリーも電源として使用できるので、ベッドの上や外出先など自由なスタイルで使用できますね。

↓私はこれを購入しました。楽天なら1000円くらいで買えるのでおすすめです。


吸盤型の冷却ファン

注意点として、「吸盤でくっつけるタイプ」の冷却ファンはおすすめしません。

吸盤が小さいため吸引力が弱く、iPhoneの裏面に貼り付けてもすぐにポロッと取れてしまいます。

iPhoneで原神を60fpsでプレイするなら「アームで固定するタイプ」の冷却ファンを必ず購入しましょう。

【余談】 Amazonの冷却ファンは怪しい商品ばかり

Amazonで販売している冷却ファン

Amazonの冷却ファンは「怪しい商品」しかない!

ここで余談なんですが、このブログは「Amazonのちゃんとした商品を紹介する」ことが目的のブログです。

Amazonの検索ページに「いかにも中華な怪しい商品」が増えてきたのをキッカケにこのブログを始めました。

で、今回のスマホ用冷却ファンも「ちゃんとした商品」を紹介したいところなんですが…

正直、Amazonで販売されている「スマホ用冷却ファン」には怪しい商品しかありません。

なんだか怪しいメーカーばかりなんだけど…

有名なメーカーで冷却ファンを発売しているところはほぼ無いですね。

そもそも、スマホ用の冷却ファンを作っている日本のメーカーが存在しないんですよね。

中国の怪しいメーカーしか冷却ファンを販売していないので、その中から選ぶしかありません。

一応、少しだけ探してみると「Anker」「Razer」がスマホ用冷却ファンを販売していました。

「有名なメーカーの『ちゃんとした商品』しか買いたくない!」

という人は、以下の2つの商品のどちらかを買っておけば安心だと思います。

 iPhoneの発熱は「バッテリー劣化」の原因になる

iPhoneの内部構造

そもそも、iPhoneが発熱すると何がヤバいの?

バッテリーが劣化する原因になります。

「iPhoneの発熱って別に気にしなくてもよくね?」と考えている人がいるかもしれません。

しかし、iPhoneが発熱して高温になると「バッテリーの最大容量」に悪影響を与えます。

バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるため、35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことが特に重要です。

iPhoneに使用されているリチウムイオンバッテリーは「熱に弱い」という特徴があります。

そのため、高温の環境に長時間置くとバッテリーの劣化が早まる可能性が高いです。

バッテリーの最大容量が早く減少しますよ。

半日でバッテリーが切れるようになるかも…?

実際、iPhoneをワイヤレス充電のみで使い続けると熱が発生するため、バッテリーが早く劣化すると言われています。

1台のiPhoneを長く使い続けたい場合は、できるだけ本体の発熱を抑えたほうがよいでしょう。

↓iPhoneの発熱がバッテリーに与える影響についてまとめた記事はこちら

画面の明るさが下がるのは「熱暴走で壊れるのを防ぐため」

原神をプレイ中のiPhone

iPhoneで原神をプレイして本体が熱くなると、画面の明るさが下がることがあります。

これはiPhoneのCPUが熱暴走して壊れるのを防ぐための機能です。

本体が高温になるのを防ぐためにCPUの性能が一時的に下がり、画面の明るさも自動的に暗くなります。

別に画面が暗くても本体が熱くても気にしないぜ!

バッテリーの劣化が早まるのでやめたほうがいいですよ。

正直、本体の熱さや画面の暗さを気にしなければそのまま原神を遊び続けることも可能です。

しかし、iPhoneの発熱による高温はバッテリーが劣化する原因になります。

iPhoneの本体が熱くなって画面が暗くなるような状況はできるだけ避けたほうがいいですね。

【まとめ】原神はやっぱり60fpsで遊びたい…

iPhoneと冷却ファン

iPhoneの原神は60fpsで遊ぶと発熱がすごいので、冷却ファンが必須になっています。

30fpsに設定すれば発熱を抑えることも可能ですが、どうせなら原神は60fpsのなめらかな動作で遊びたいですよね。

ぜひ、みなさんもiPhoneに冷却ファンを取り付けて、原神を60fpsで快適に楽しんでください。

「原神の60fpsでも発熱しないスマホ」があれば最高なんだけどなぁ

それは…スマホの仕組み的に難しいと思います。

この記事に関するコメント