【サイズ別に紹介】スマートタグを使って忘れ物を防止しよう【おすすめ3社】

便利アイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

忘れ物はどれだけ注意しても防げない

鍵がない、財布がない、スマホはどこに置いたっけ…?
どれだけ気をつけていても、うっかり忘れ物をしてしまうことってありますよね?

普段は忘れ物をしないような人でも、普段とは違う場所で長時間過ごしたり、
誰かに頼み事をされて、意識が別の方向に向いてしまうことがあり、そういった
場合に鍵や財布、バッグを置き忘れてしまうことがあります。

スマホはカバンの内側の収納、財布はジーンズの右ポケットなど、普段持ち歩く物の
「定位置」がしっかりと決まっている人なら忘れ物をすることも少ないのですが、
持ち歩く物も仕舞う場所も毎回バラバラ、という人は忘れ物が多くなる傾向があります。

忘れ物はスマートタグで解決しよう

忘れ物をするたびに反省して、どんなに気持ちを切り替えたとしても忘れ物を防止することはできません。
「もう忘れ物はしないぞ!」と決心したところで、次に出かける頃にはまた忘れ物をしていることでしょう。

そんな忘れ物が多い人におすすめのアイテムが「スマートタグ」です。
忘れ物は強い気持ちや決意ではなく、ITとテクノロジーの力で解決しましょう。

スマートタグを使えば忘れ物の場所がわかる

スマートタグとは、忘れ物の場所を探すのに便利な小さなタグのことです。

キーホルダーに付けられるアクセサリータイプや、財布の中に入れるのに
便利なカードタイプなど、様々な形のスマートタグが販売されています。

カバン・鍵・財布など、無くすと困るものにスマートタグを付けておくことで、
スマホのアプリからスマートタグがある場所を地図や音で探すことができます。

スマートタグの特徴

内蔵しているスピーカーで場所を知らせてくれる

スマートタグにはスピーカーが内蔵されています。

スマホのアプリを操作することで、スマートタグのスピーカーから
大きな音を鳴らして、置いてある場所を特定することができます。
玄関に置き忘れた財布や、ソファーの隙間に落ちてしまった鍵など、
家の中にあるはずだけど見つからない物を探すときに便利です。

スマートタグ側からスマホを鳴らすこともできる

スマホをどこに置いたのか、よく忘れる人にもスマートタグはおすすめです。

スマートタグに付いているボタンを押すことで、スマホから音が鳴るように
設定することができます。マナーモードでも鳴るように設定できるので、
スマホが部屋のどこにあるのか分からない、という人に便利な機能です。

無くした場所を教えてくれる

外出先で忘れ物をしても、スマートタグがあれば安心です。

スマートタグはスマホとBluetoothで常に接続をしています。
カバンを置き忘れるなどして、スマホとスマートタグが離れてしまった場合、
最後にスマホとスマートタグの接続が切れた場所を地図で表示してくれます。
スマホとスマートタグが再び近づくと地図上に詳しい位置が表示されるので、
忘れ物を簡単に見つけることができます。

電池で動作するので充電する必要がない

スマートタグはボタン電池で動作します。電池寿命も非常に長いです。

定期的にバッテリーを充電する手間が無いので管理がとてもラクです。
自分で電池を交換できるタイプのスマートタグもあります。

【注意】GPSは内蔵していない

スマートタグはスマホとBluetoothで繋がることで忘れ物を防止していますが、
スマートタグ自体にはGPSが内蔵されていません。

そのため、スマートタグの付いた忘れ物を誰かが交番に届けるために移動させたり、
遠く離れた場所へ持ち去ってしまった場合は追跡することができません。

スマートタグは忘れ物を探すための手がかりにはなりますが、忘れ物の位置を
リアルタイムで確認する、といったような使い方はできないので注意しましょう。

スマートタグをタイプ別に紹介

アクセサリータイプ

カバンや自宅の鍵に付けておくのに便利なアクセサリータイプのスマートタグ

スマホのアプリを操作すればスマートタグのスピーカーを、
スマートタグのボタンを押せばスマートフォンを鳴らすことができます。
家にあるはずだけど見つからない!ということがよくある人に便利です。

外出先で忘れ物・落とし物をしたときも、このスマートタグがあれば安心です。
鍵やカバンにスマートタグを付けておけば、スマホとスマートタグの通信が
最後に途切れた場所を、アプリの地図上に表示してくれます。

スマホとスマートタグが再び近づくと、地図上にタグの詳しい位置が表示されるので、
無くした物を簡単に見つけることができます。

スマートタグに内蔵されている電池は自分で交換することができます。
電池が切れたら新しく入れ替えることで、長く使い続けることが可能です。

 

薄型カードタイプ

財布に入れておくのに便利な薄型カードタイプのスマートタグ
財布や定期入れ、重要なファイルの中などに入れることができます。

本体は薄くてコンパクトですが、音を鳴らす・スマホを鳴らす・位置の追跡
といった、アクセサリータイプと同じような機能を搭載しています。

注意点として、カードタイプのスマートタグは自分で電池の交換ができません。
電池切れになった場合は製品ごと新しいものに買い替える必要があります。

 

「MAMORIO」は忘れ物の予防に特化したスマートタグ

MAMORIOは忘れ物を「予防する」ことに特化したスマートタグ

MAMORIOにはスピーカー機能や、スマートタグ側からスマホを鳴らすが付いていません。
その代わりに、MAMORIOは忘れ物を予防することに特化した機能を搭載しています。

MAMORIOを付けた鍵やカバンがスマホから離れると、自動的にスマホへ
プッシュ通知を送信して、忘れ物があることをすぐに知らせてくれます。

忘れ物をしそうになると、すぐにプッシュ通知で知らせてくれるのが最大の特徴です。

忘れ物は気持ちではなくガジェットで解決しよう

「もう忘れ物はしない!」と決心しただけでは、忘れ物を防ぐことはできません。
しかし、スマートタグを上手く活用すれば日々の忘れ物は防ぐことができます。

そして最近では、あのAppleもスマートタグを開発中だという噂があります。
「AirTag」という名前の新製品で、世界中にいるiPhoneユーザーの広いネットワーク
と使用して、忘れ物を簡単に見つけることができるアイテムだと予想されています。
どんなデザインになるのか、どんな機能を備えているのか。発売が待ち遠しいですね。

今後、ますますユーザーの数と活用の幅が広がりそうなスマートタグ。
忘れ物は気持ちではなく、ITとテクノロジーの力で防止しましょう。

この記事に関するコメント