『AirPods Pro』ヘビーユーザーが教える「買う前に知っておきたかった」4つのポイント

レビューまとめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンはiPhoneユーザーなら「AirPods Pro」一択!

先日、このようなニュースを見つけました。

「ワイヤレスイヤホンは2021年以降さらに普及する」

「今はAppleがシェアトップだけど今後は他のメーカーがもっと伸びるよ」

…といった内容のニュースです。ワイヤレスイヤホン市場は今後さらに拡大しそうですね。

上記の記事では「ワイヤレスイヤホンにおけるAppleのシェアは低下していく」と書かれています。

しかし、私はAppleの「ワイヤレスイヤホンのシェアトップ」の座は、まだまだ揺るがないものだと確信しています。

なぜなら、AirPods Proの完成度は非常に高く、このAirPods Proのクオリティを超える製品は今後しばらく出てこないと思っているからです。

 

『AirPods Pro』はワイヤレスイヤホンの中でも断トツで完成度が高く、iPhoneユーザーなら迷わずAirPods Proを買うべきだと思っています。

2021年現在、AirPods Proはワイヤレスイヤホンの最高傑作です。これはもう間違い有りません。

 

私はAirPods Proを1年以上、ほぼ毎日のように使用しています。そして「本当に買ってよかった」と思えるくらい満足しています。

AirPods Proの特に素晴らしい点は「iPhoneとのスムーズな連携」です。

AirPods Proはケースから取り出すだけでiPhoneと繋がり、耳につけるだけで自動的にノイズキャンセリング機能をオンにしてくれます。

この快適な使い心地はiPhoneとAirPods Proの組み合わせでしか実現することができません。

ワイヤレスイヤホンを使ってみたい人、どれを買えばいいのか迷っている人は、

スマホがiPhoneならどのイヤホンを買うか迷う必要はありません。

すでに正解が出ています。AirPods Proを買いましょう。間違いありません。

AirPods Proを買う前に知っておくべきポイント

そんなiPhoneにとって最高のパートナーであるAirPods Proですが、

「買ってから気づいたこと」「買う前に知っておきたかったポイント」をまとめてみました。

これからAirPods Proを購入する人は参考にしてみてください。

ケースが傷だらけになるので『カバー』が必須

AirPods Proのケース、シンプルながら高級感のあるデザインです。

しかしこのケース、かなり傷がつきやすいです。想像以上にすぐに傷がつきます。

表面がツルツルした光沢のある素材でできているため、かなり傷がつきやすくなっています。

カバンの中に入れる、テーブルの上に置くなど、日常的な使い方でも表面が傷だらけになってしまうでしょう。

 

AirPods Proを買ったら必ず、すぐにカバーをつけるようにしましょう。

Amazonで検索すればカワイイもの・オシャレなものまで、さまざまなAirPods Proカバーが売られています。

 

特にこだわりが無いのならば、1000円くらいの怪しいけど安いやつで十分です。ただのシリコンだからね。

とにかく、AirPods Proは箱から取り出した時点ですぐに傷がつきます。絶対にカバーをつけるようにしましょう。

「ワイヤレス充電」が便利だから絶対使え

表面の傷を防いでくれるAirPods Proのカバーですが、中にはLightning端子の部分まで保護してくれるカバーもあります。

これだと充電するのが面倒になりますよね。

しかし、心配はいりません。AirPods Proにはワイヤレス充電機能が付いています。

 

Qi規格、つまりスマホのワイヤレス充電器でAirPods Proも充電できちゃいます。

「ワイヤレス充電がカバーの厚みで上手くできない」なんてこともありません。しっかり充電してくれます。

わざわざ電源ケーブルを抜き差しする必要はありません。

「置くだけで充電できる快適さ」に慣れちゃうと、もう充電ケーブルが面倒で戻れなくなるほど便利ですよ。

 

おすすめのワイヤレス充電器をまとめた記事はこちらからどうぞ↓

「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」の切り替えはコントロールセンターからできる

AirPods Proの目玉機能でもある「ノイズキャンセリング」と、

イヤホンをつけたままでも外の音が聞こえる「外部音取り込み」

この2つはコントロールセンターから切り替えることができます。

コントロールセンターを開いたら、右側にあるAirPods Proの音量を調整するボタンをタップで長押ししましょう。

そして、音量を調整するバーの左下をタップすると「空間オーディオ」と「外部音取り込み」を切り替えることができます。

ノイズキャンセリングをオンにすると、本当に何も聞こえなくなりますからね。

この「外部音取り込み」に切り替える方法を知っておくと何かと便利ですよ。

 

ちなみに、切り替えボタンの右にある「空間オーディオ」はApple TVで映画を見る場合のみで使えるらしいです。なんかすごいらしいけど使ったことないですね…

『縦』につけると耳が痛くなりにくい

便利で使いやすいAirPods Proですが、耳につけてから長時間(約1時間以上)経つと、

耳のAirPods Proをつけている部分が痛くなることがあります。

そんな人にぜひ知っておいてほしいのは、

『AirPods Proは縦向きにつけると痛くなりにくい』ということです。

AirPods Proを「普通に」つけた場合

AirPods Proを「普通に」つけると本体が横向きになり、耳の内側に当たってしまいます。

最初は気になりませんが、このままの状態で長時間経つと、AirPods Proの触れている部分が徐々に痛くなってきます。

「縦向き」につけると耳が痛くならない

そこで「普通に」つけたAirPods Proを指でつまみ、グイッと『縦向き』にしてみてください。

こうすることで耳の内側に当たらなくなり、長時間つけても耳が痛くなりません。

私の場合は、AirPods Proを「普通に」つけてから45分ほど経つと耳の穴が痛くなっていました。

しかし、この『縦につける』方法を実践するようになってからは、AirPods Proを2時間つけ続けても痛くならずに済んでいます。

AirPods Proをヘビーに使うつもりの人は、この『縦につける』方法を必ず覚えておきましょう。

AirPods Proを長く快適に使い続けよう

iPhoneにとって最高のワイヤレスイヤホンである「AirPods Pro」

私もほぼ毎日使っています。これからも長い間、AirPods Proを使い続けたいです。

今回紹介した4つのポイントを知っておけば、より長く・快適にAirPods Proを使い続けることができると思います。

iPhoneユーザーなら、どのワイヤレスイヤホンを買うか悩む必要はありません。AirPods ProはiPhoneにとって特別な、唯一無二の存在です。

AirPods Proで快適なワイヤレスイヤホン生活を、ぜひ楽しんでください。

 

この記事に関するコメント